駒岡で開催されている「ハンディフェスティバル」に行ってみた。今日17時過ぎまで開催してるよ。

本記事のシェアはこちらから!

今日本当は予定があって行けないと思っていたのですが、予定が変わったので気になっていたこちらのイベントに行ってきました。

駒岡のアトリエ付きコワーキングスペース『ハンディラボ』で、初のオフィス開放イベント「ハンディフェスティバル」開催、4月20日(土)

2019.04.15

行ってきたのは、綱島駅からバスで10分くらいのところにある(徒歩だと30分、自転車だと10分ちょっと)駒岡のアトリエ付きコワーキングスペース『ハンディラボ』で開催されている「ハンディフェスティバル」。

会場入り口付近

天気も良く、たくさんの人たちが来場されていました。

ちなみに場所はこのへん↓

業種、職種の垣根を超えたものづくりの拠点とするアトリエ付きコワーキングスペース『ハンディラボ』は、昨年の10月頃から始動しているものの地域への宣伝などは全くおこなってこなかったそうです。

『ハンディラボ』

しかし、どんなことをしているのか気になっているという人たちの声を聞き、この度地域の人へ『ハンディラボ』を知ってもらえるようなイベントを開催されました。

イベントでは、アトリエ付きコワーキングスペース(倉庫っぽい建物)の中でたくさんのアート作品が販売されていて、その他にもシルクスクリーンTシャツ作りなどもできるコーナーもありましたよ。

中はこんな感じ!

色んなものが販売されていました。

左官屋さんのコーナーも。

多分これ左官体験。

アロマワックスサシェのワークショップも。

音楽を聴くスペースかな?

こちらのコワーキングスペースを利用されているという劇団さん(劇団唐ゼミ)も。

コワーキングスペース部分の入口。扉がカッコイイ…。

中のスペースも楽しそうなのですが、外ではキッチンカーも来ていました。

ドリンク販売や…

ジョロフライス(セネガルのウォロフ族の料理らしいです)に…

タコス!

そしてポップコーンも!(隣の白馬がなんかすごいw)

セイシュンラボってのは、10歳~15歳を対象とした、巨大倉庫に自分たちの「秘密基地」をつくる半年間のプロジェクトだそうです。今期は定員オーバーらしいですがこれも気になる!

…って感じで、楽しんできたわけですが、「ハンディフェスティバル」は本日17:15まで開催されています。

気になる方は是非足を運んでみてください!

あと、今後も『ハンディラボ』では色んなイベントを開催されるそうなので、またその際はご紹介しますねー!

ハンディフェスティバル
日程 4月20日(土)
時間 11:00~16:00「フェスティバルタイム」16:00~17:15「ハンディラボトーク」
場所 Handi Labo
住所 横浜市鶴見区駒岡4-30-49
交通 鷹野大橋バス停下車徒歩2分
入場料 フェスティバルタイム:入場無料、トークタイム:入場料1,000円
出店者一覧(50音順)
・飲食
AMOAKO食堂/Amber ]アンバ/OYATSUYA SUN/SIROCCO JAPAN/タコトラ
・物販
onando /ハンディオリジナルシルクスクリーンTシャツ
・ワークショップ
大橋左官/塗りラボ /LifulMag
・展示
断熱タイニー /I see PDX
・音楽
ハラグチヨシフサ
ハンディラボトーク#旅しながらはたらく ゲスト 梅中美緒(日建設計)、加藤渓一(Handihouseproject)
※内容や出店者の情報については随時更新
参加申込 こちらから
HandiHouse project公式サイト
Instagramアカウント
Facebookページ
イベント詳細ページ
※正式な情報はお確かめください。

本記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA