厳選した素敵な古書を扱う『Frobergue(フローベルグ)』が、綱島からも近い駒岡に事務所兼店舗をオープン、9月4日(水)

本記事のシェアはこちらから!

TwitterとInstagramでこんな投稿を発見しました。

横浜の片隅…川沿い…

『綱島ニュース(仮)』のSNSアカウントは基本的に綱島関連の人をフォローしているのでそのタイムラインに流れてきたところから見ても、そしてリツイートしているアカウントから見てもこれは鶴見川沿いの可能性が高いなと思い調べてみると…

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日新事務所兼店舗、OPENしました。 横浜の片隅の辺鄙な場所です。川沿いです。周りは工業地帯(?)で文化的なものは何もないです。ただこの店だけがあります。 そして、そんな場所で、世界でもうちの店でしか値段をつけて売っていないような本など、ごろごろあります。 オンラインストアに出す前の山のようになっている新着商品も見れます。 一、二年以内には都内に店を出すことを考えているので、ここにずっと居ることは多分ないのですけれど、だからといってこの場所を踏み台にするつもりもなく、ただ自分のできることを、今はここで最大限にやろうと思っています。 アクセスの悪い場所ですけれど、この本のある空間で、展示やポップアップショップ、撮影場所として使いたい、などご希望の方いましたら、また興味ありそうなお知り合いの方などいらっしゃいましたら、お気軽に連絡ください。都内よりも大分お安くお話できると思います。1週間からでも大丈夫です。 当店の営業は月曜〜木曜日(祝日含む)、当面は12時〜18時を予定しております。 住所は神奈川県横浜市鶴見区駒岡5-15-1でございます。 それでは皆様どうぞよろしくお願いいたします。 #絵本 #本 #本屋 #古本屋 #綱島 #横浜 #アンティーク #ヴィンテージ

古書フローベルグさん(@frobergue)がシェアした投稿 –

Instagramでもこんな投稿を発見!

駒岡の『R(アール)』に『Frobergue(フローベルグ)』がオープン

素敵な写真に惹かれて詳細を見てみると、どうやら綱島からもほど近い駒岡の『R(アール)』に新たにオープンしたお店のようです。

引用元:Instagramアカウント(@frobergue

駒岡にある『R』は、平日月曜日から金曜日は古本・レコード・家具等物販などを扱っていて、週末金曜日から日曜日はカフェと物販で営業しているお店。

音楽関連のイベントも多く実施されていいて、ちょっと『FAT MAM』とも似たようなイメージなんですよねぇ。

厳選した素敵な古書を扱う『Frobergue(フローベルグ)』

そんな『R』にオープンした『Frobergue』は、厳選した本のみを扱うインターネットにお店を構える古本屋さん。

1800年代の本から2000年以降の最近刊行された本まで、文学、詩から芸術/アート、そしてヨーロッパ各国で当店が直接買い付けてきた洋書絵本など様々なジャンルを扱っております。

公式サイトより引用

オンラインでの販売の他、イベント出店やカフェ・ギャラリーのブックセレクトなど多様に活動されています。

綱島駅のお隣・大倉山駅の近くの『カフェ ルーフ 大倉山(Cafe Roof Okurayama)』でも販売しているようですが、駒岡には事務所兼店舗として9月4日(水)にオープンされました。

引用元:Instagramアカウント(@frobergue

当面は月曜日~木曜日(祝日含む)12:00~18:00で営業されるようなので、気になる方は是非足を運んでみてくださいね。

Frobergue(フローベルグ)
住所 横浜市鶴見区駒岡5-15-1
営業日 月曜日~木曜日(祝日含む)
営業時間 12:00~18:00(当面)
公式サイト
Twitterアカウント
Instagramアカウント
※正式な情報はお確かめください。

本記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA