樽町にオープン予定の『Craftbeer Sloth House(スロースハウス)』で、綱島が誇るクラフトビール「綱島桃エール」が飲めるって!

本記事のシェアはこちらから!

樽町に9月26日(木)オープン予定の『Craftbeer Sloth House(スロースハウス)』で、綱島が誇るクラフトビール「綱島桃エール」が飲めることが分かりました。

樽町にオープン予定の『Craftbeer Sloth House(スロースハウス)』

7月24日(水)に閉店したパン屋さん『R de saison(エールドセゾン)』の跡地にオープン予定の『Craftbeer Sloth House(スロースハウス)』は、クラフトビールとビストロ飯を楽しむことができるお店。

クラフトビールと食事とくつろぎ空間『Craftbeer Sloth House』のオープンは9月26日(木)

2019.08.21

先日お店の前を通ってきましたが、開店準備も順調に進んでいるようです。

外観とかもうほぼ出来てますよね。

これは来週のオープンが待ち遠しいです!

綱島が誇るクラフトビール「綱島桃エール」が飲めるって!

そんな『Craftbeer Sloth House(スロースハウス)』で、綱島が誇るクラフトビール「綱島桃エール」がオープニングビールとして提供されることが分かりました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

オープニングビール情報第3弾! ボトルも瞬殺だった横浜ビールさんの「綱島桃エール」を樽生でつなぎます。 直営店以外では7店舗のみで、地元綱島はもちろん港北区では当店だけです。 以下横浜ビールさんのHPより抜粋 『現在では綱島の桃は幻の存在。ごく少量栽培となる桃はその収量もわずかとなっています。 今では綱島の桃栽培の創始家である池谷(いけのや)家のみでしかつくられていない幻の桃「日月桃」(じつげつとう)。 この「日月桃」が綱島の歴史を今に伝えています。 「綱島桃エール」は小粒ながら香り高い「日月桃」とスイートな「白鳳」をひとつずつジューサーにかけて丁寧にブルーイング。しっかりと熟成させることにより、芳醇な桃の香りをビールに醸し出しました。 伝統を受け継ぐ桃農家池谷さんと横浜ビールのコラボレーション作品です。』さらりとした口当たりに、広がる爽やかの桃の香り。苦味押さえ目に甘すぎないベタつかない桃の風味、柔らかな完熟の桃というより、カリッと歯ごたえのあるのに甘い、取れたて新鮮な桃が感じられます。 地元のビールを地元の皆様にお届けできるタイミングに開店できるのは幸運であり、光栄です。 #綱島桃エール#横浜ビール#日月桃#craftbeerslothhouse#スロースハウス#ナマケモノの家#開店準備中 #ケモちゃん#新オープン#新Open#港北区#樽町 #綱島#綱島駅#クラフトビール#craftbeer#カフェめし #ビストロめし #ハーフサイズ #カウンターのある店 #呑みながら食べたい#ひとりのみ女子#ひとりのみ男子#スイーツ#山翠舎#古木#居抜き#ナマケモノ#ビアソムリエ#アルバイト募集中

SlothHouse/スロースハウスさん(@craftbeerslothhouse)がシェアした投稿 –

先日も今年の秋分が発売されてすぐ完売したと話題になっていたので、それを樽生で提供してくれるのは嬉しいですね!

さすが綱島(樽町だけど)のクラフトビールバー!

これも地産地消なのかな?

9月26日(木)のオープンを楽しみにしたいと思いますー!

Craftbeer Sloth House
住所 横浜市港北区樽町2-1-20 CASA樽町1F
Instagramアカウント
※正式な情報はお確かめください。

本記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA