食事を通して世代を問わず顔の見える関係を!2月5日(火)から「樽町なごみ食堂」始動

本記事のシェアはこちらから!

『綱島ニュース(仮)』読者の方でお住まいの方も多いであろう樽町…そんな樽町で「樽町なごみ食堂」が始動します。

子どもやその親および地域の人々に対して、無料または安価で栄養のある食事や団らんを提供するための社会活動として、2010年代から各メディアで話題になった子ども食堂。

それに加えて、子どもからお年寄りまでが集って地域交流をはかる場として地域食堂を展開するコミュニティも増えてきました。

その一環として、“樽町に住んでいる方々と食事を通して、世代を問わず顔の見える関係を作る”という主旨のもと、毎月第1火曜日に参加費一人200円でカレーライス(数量50食程度)が提供されます。

引用元:樽町地域HP

場所は樽町地域ケアプラザ食事時間は17:30~19:30(受付時間は17:00~19:00)となっています。

ひっとプラン地域食堂検討委員やボランティアの方と数回デモストレーションを開催し今回の始動に至ったとのことなので、どんな場になるのかが楽しみですね。

初回は2月5日(火)なので、是非チェックしてみてくださいね!

樽町なごみ食堂についてはこちらを参照

樽町地域ケアプラザ
住所 横浜市港北区樽町1-22-46
公式サイト
※正式な情報はお確かめください。

本記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA