6月に桜でお花見!?刺身と原始焼きの『ダイキチきんぎょ』が本物の桜で花見企画を開催、6月20日(土)~6月21日(日)

本記事のシェアはこちらから!

今年は新型コロナウイルスの影響でお花見が出来なかったという方は少なくないと思います。

綱島の『ダイキチきんぎょ』が本物の桜で花見企画を開催

そんな中、刺身と原始焼きで知られる綱島の『ダイキチきんぎょ』が、この6月に花見企画を開催するという情報が入ってきました!

  • 「今年はお花見が楽しめなかった」というお客さんの声
  • 「花見酒したかった」というお客さんの声
  • 「飲んでほしかった春のお酒が売れなかった」という酒屋さんや蔵元さんの声

そんな声を聞いた『ダイキチきんぎょ』が「何かできないか!?」ということで、お花見をしながら春のお酒を飲んでもらえる企画を考えたということです。

ただ、この時期に桜を見るのが季節的に無理がある…

それでも何とか実現できないかと調べていると…

奈良県に特殊技術で冷蔵保存してあった八重桜の蕾があったようで、それを数本分けてもらえることになったそうです!

春開花の桜の花をつぼみの状態で所有している「堀園芸株式会社」という企業さんみたいですね。

代表取締役の堀宏弐(ほりこうじ)さんは大の日本酒好きで、しかも「飲食店が売上を減らしている状況、酒蔵・酒屋さんが困っている状況を心苦しく想っていました」ということです。

そんな素敵なご縁で実現した企画「6月の八重桜と花見酒を楽しむ会」は、6月20日(土)~6月21日(日)の2日間、12:00~22:00(L.O.21:00)の時間で開催されます。

改めて今年お花見をしたい!という方は是非チェックしてみてくださいね。

刺身と原始焼き『ダイキチきんぎょ』の詳細はこちらから

『ダイキチきんぎょ』外観

刺身と原始焼き『ダイキチきんぎょ』
住所 横浜市港北区綱島西2丁目7-6
電話 045-642-8572
公式サイト
Instagramアカウント
※正式な情報はお確かめください。

本記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA